17項目の「持続可能な開発目標(SDGs)」は、2015年9月国連サミットにおいて採択されました。2030年に向け、各国はこれら目標に基づき力を結集し、貧困に終止符を打ち、不平等と闘い、気候変動に対処する取り組みを進めます。このことは、経済成長を促し、教育、健康、社会的保護、雇用機会を含む幅広い社会的ニーズを充足しながら、同時に気候変動と環境保護に取り組む必要があることを意味します。

私共九州フィナンシャルグループは、地域社会の持続可能な発展への貢献と企業価値の拡大・価値共創に向けたCSRの取り組みとして、これら諸課題に対処してまいります。

九州フィナンシャルグループ 経営理念

  • お客様の信頼と期待に応え、最適かつ最良の総合金融サービスを提供します。
  • 地域とともに成長し、活力あふれる地域社会の実現に積極的に貢献します。
  • 豊かな創造性と自由闊達な組織風土を育み、より良い未来へ向かって挑戦し続けます。

九州フィナンシャルグループの取り組みとSDGs

取り組み分野 取り組み事項 関連するSDGs
地方創生

地域総合金融機能や金融面に留まらない地域産業振興機能を発揮することで、お客様や地域の長期的な成長を支援し、グループ経営理念に掲げる「活力あふれる地域社会」を、お客様や地域と共に創りあげてまいります。

【主な取り組み事項】

  • 銀証信連携によるワンストップの総合金融サービス提供。
  • 外部パートナーとの連携・提携やファンド等を活用した地域産業の創出・育成の取り組み。
  • 観光・農業振興を目的とした法人を設立し、地域振興施策を展開。
  • お客様の販路拡大のための法人へ出資。他にも商談会主催、情報マッチングの取り組みを実施。
  • 関連シンクタンクによる経営者育成プログラム提供、ビジネスコンテスト主催、産官学連携やファンド設立による起業支援実施。
  • モバイル端末・ネット環境を通した金融サービスの拡充、移動店舗・ATM車によるお客様利便性の向上の取り組み。

【日本政府優先課題との関連】 ※

  1. 健康・長寿の達成
  2. 成長市場の創出、地域活性化、科学技術イノベーション
  3. 持続可能で強靭な国土と質の高いインフラの整備

日本政府が掲げる8つの優先課題です。詳細は次項ご参照下さい。

地域貢献

地域の優れた文化や歴史を守り、伝えるためのさまざまな活動を通し、地域に根差す企業としての責任を果たします。

【主な取り組み事項】

  • 寄付による支援、復興支援商品の取扱い、復興ファンドの設立、復興支援サイトの開設、従業員によるボランティア活動等、熊本地震からの復興を支援するさまざまな取り組み。
  • 小学生向けお金の教室開催、学生インターンの受入れやエコノミクス甲子園開催、教育・育英支援商品の取扱い、子供向けスポーツ教室の開催等、次世代育成、金融リテラシー向上の取り組み。
  • かぎん文化財団、肥後の水とみどりの愛護基金里山ギャラリーによる地域文化・芸術保全の取り組み。
  • 地域イベントへの参加、清掃活動やスポーツイベントボランティア等地域の一員としての取り組み。また従業員が地域貢献活動・環境保全活動に取り組めるよう休暇制度を整備。

【日本政府優先課題との関連】

  1. あらゆる人々の活躍の推進
  2. 成長市場の創出、地域活性化、科学技術イノベーション
  3. 生物多様性、森林、海洋等の環境の保全
  4. 平和と安全・安心社会の実現
事業を通じた環境対応

地域の豊かな自然を守り、次の世代に確実に受け渡すため、事業活動を通し環境保全に努めています。

【主な取り組み事項】

  • 環境格付融資制度・環境配慮型融資商品の推進。
  • 再生可能エネルギー案件への積極対応。
  • 与信判断における対象企業の環境問題への対応実績考慮。
  • 環境配慮型の定期預金、投資信託等商品取扱い。
  • 再生可能エネルギー発電所(太陽光、風力、バイオマス、地熱)への出資・共同設立、かごしま再生可能エネルギーファンドへの出資。

【日本政府優先課題との関連】

  1. 持続可能で強靭な国土と質の高いインフラの整備
  2. 省・再生可能エネルギー、気候変動対策、循環型社会
  3. 生物多様性、森林、海洋等の環境の保全
本業外での環境対応

金融業以外でもさまざまな社会貢献活動を通し、環境保全に努めています。

【主な取り組み事項】

  • 環境配慮型本支店建屋(自然光活用、ダブルスキン構造による保温・冷、雨水利用、屋上緑化)、太陽光発電、雨水浸透式アスファルト舗装、LED照明の導入。
  • 使用済み用紙リサイクルや環境配慮型行用車(EV、PHV、バイオディーゼル燃料車、電動バイク)導入。
  • 植林や水田復活の取り組みによる緑と地下水の保全。
  • かごしま環境パートナーズ協定締結。
  • 肥後の水とみどりの愛護基金による環境保護活動。

【日本政府優先課題との関連】

  1. 持続可能で強靭な国土と質の高いインフラの整備
  2. 省・再生可能エネルギー、気候変動対策、循環型社会
  3. 生物多様性、森林、海洋等の環境の保全
組織力強化

当社グループ全体で万全のガバナンス体制を敷き、堅確なリスク管理のもと、役職員教育に努め、お客さま本位の業務運営態勢を構築します。合わせて活き活きと働ける職場づくり、ワークライフバランスの実現や女性活躍推進の取り組みを継続し、両面から組織力を強化しています。

【主な取り組み事項】

  • グループ内本部機能の融合・集約実施、グループ会社の集約促進による組織スリム化と組織強化。
  • 組織スリム化による経営資源捻出と再配分による営業力強化・生産性向上。
  • グループベースでのリスクアペタイトフレームワーク構築を通じた収益・リスク管理態勢強化。
  • 新入行員から管理職まで一貫した人材育成態勢を構築。合わせてグループ内での人材交流や外部組織を活用した育成の実施。
  • 女性管理職・役職者増強、企業内保育所設立、育児支援休暇・休業・短時間勤務制度拡充、担当部署設立等、女性活躍支援のための徹底した取り組み実施。

【日本政府優先課題との関連】

  1. あらゆる人々の活躍の推進
  2. SDGs実施推進の体制と手段

SDGs日本政府8つの優先課題

■印の項目が当社グループにおける主な取り組み事項です。

  1. あらゆる人々の活躍の推進

    ■一億総活躍社会の実現 ■女性活躍の推進 □子供の貧困対策 □障害者の自立と社会参加支援 ■教育の充実
  2. 健康・長寿の達成

    □薬剤耐性対策 □途上国の感染症対策や保健システム強化、公衆衛生危機への対応 ■アジアの高齢化への対応
  3. 成長市場の創出、地域活性化、科学技術イノベーション

    ■有望市場の創出 ■農山漁村の振興 ■生産性向上 ■科学技術イノベーション ■持続可能な都市
  4. 持続可能で強靱な国土と質の高いインフラの整備

    ■国土強靱化の推進・防災 ■水資源開発・水循環の取り組み ■質の高いインフラ投資の推進
  5. 省・再生可能エネルギー、気候変動対策、循環型社会

    ■省・再生可能エネルギーの導入・国際展開の推進 ■気候変動対策 ■循環型社会の構築
  6. 生物多様性、森林、海洋等の環境の保全

    ■環境汚染への対応 □生物多様性の保全 ■持続可能な森林・海洋・陸上資源
  7. 平和と安全・安心社会の実現

    □組織犯罪・人身取引・児童虐待等の対策推進 ■平和構築・復興支援 □法の支配の促進
  8. SDGs実施推進の体制と手段

    □マルチステークホルダーパートナーシップ □国際協力におけるSDGsの主流化 □途上国のSDGs実施体制支援