ガバナンスの強化 リスクマネジメント

リスク管理の基本方針

当社グループは、お客様、株主、役職員ひいては地域社会からの信頼に応えるべく、リスク管理を経営の最重要課題の一つに位置付けます。
安定的な収益の確保と経営の健全性・適切性とのバランスを重視した経営に取り組み、揺るぎない経営基盤の確立を図るため、グループ全体が抱えるあらゆるリスクを的確に把握し、経営体力(自己資本)に対し適正にリスクを管理いたします。

リスク管理体制

当社グループは、リスク管理を経営の最重要課題の一つとして位置付け、当社およびグループ内会社が連携し、リスク管理の強化に取り組んでおります。
当社グループのリスク管理統括部署としてCR統括部を設置、CR統括部担当役員が、当社グループのリスク管理に係る事項を統括するとともに、社長を委員長、CR統括部担当役員を副委員長とするALM委員会、CR委員会を開催し、当社グループの信用リスク、市場リスク、流動性リスク、オペレーショナル・リスクの状況等について報告・協議を行い、当社グループにおけるリスクを適切にコントロールする体制を構築しております。 CR統括部担当役員は、当社グループのリスク管理の状況に関し、定期的に取締役会へ報告を行っております。

リスクアペタイト方針