コーポレートガバナンス体制

コーポレートガバナンスの基本的な考え方

九州フィナンシャルグループは、グループ経営理念を定め、その実現に向け、法令等を遵守し、適切な経営の意思決定と業務執行を図るとともに、経営の透明性、公開性及び健全性を高め、コーポレートガバナンスの充実に努めてまいります。

グループ経営理念

  1. お客様の信頼と期待に応え、最適かつ最良の総合金融サービスを提供します。
  2. 地域とともに成長し、活力あふれる地域社会の実現に積極的に貢献します。
  3. 豊かな創造性と自由闊達な組織風土を育み、より良い未来へ向かって挑戦し続けます。

企業統治システムの基本的な考え方

(1)
経営の監督と業務の執行を明確化し、取締役会が取締役の職務執行の監督に専念できる環境を整備することにより、コーポレートガバナンスの実効性を確保します。
(2)
取締役会は、法令及び定款に定める事項並びに経営に係る方針、戦略、計画等の重要な業務執行事項以外の個別の業務執行の決定については、経営陣幹部に最大限委任します。
(3)
九州フィナンシャルグループは、経営陣幹部による迅速、果断な意思決定を支援するため、グループ経営会議や各種委員会など任意の機関を設置し、かつ活用することにより、機動的な業務執行を実現するとともに、コーポレートガバナンスの充実を図ります。
(4)
九州フィナンシャルグループは、複数の社外役員による客観的視点を最大限活用することにより、グループ経営に係る意思決定プロセスの透明性、公正性を担保します。

コーポレートガバナンス組織体制

コーポレートガバナンス組織体制図

【取締役会】

取締役会は、定款上の員数である14名以内とし、取締役会の役割の実効性を確保するとともに、十分な審議及び安定的な運営が可能な構成とします。 取締役会は、全ての取締役で組織し、法令・定款に定める事項のほか、当社グループ経営に係る重要な業務執行を決定し、取締役の職務執行を監督することを主要な役割とします。

【監査役会】

監査役会は、法令上その半数以上を社外監査役とすること及び常勤の監査役を置くことの双方が求められていることを踏まえ、前者に由来する強固な独立性と、後者が保有する高度な情報収集力とを有機的に組み合わせることにより、当社のコーポレートガバナンスの実効性を高め、監査役の権限の行使を妨げない範囲内で、監査に関する重要な事項について報告を受け、協議を行い、又は決議することを目的とします。

【グループ経営会議】

取締役会が委任する、九州フィナンシャルグループの経営計画など重要な事項を審議・決定します。

【リスク管理委員会】

九州フィナンシャルグループ全体のリスク管理に係る重要な事項を協議します。

【コンプライアンス委員会】

九州フィナンシャルグループ全体のコンプライアンスに係る重要な事項を協議します。

コーポレートガバナンス関連資料

九州フィナンシャルグループのコーポレートガバナンスに関する詳細情報は次の資料をご確認ください。

コーポレートガバナンスガイドライン(350KB)PDF

コーポレートガバナンス報告書(395KB)PDF